児童に「生きる価値ない」 暴言・体罰も 39歳教諭を懲戒免職

兵庫県姫路市の小学校で、特別支援学級の担任をしていた39歳の男性教諭が、クラスの児童に対し「生きる価値がない」などと日常的に暴言をはいたり、体罰を繰り返したりしていたとして、懲戒免職の処分を受けました。

体罰も日常的に

懲戒免職となったのは、兵庫県姫路市の市立城陽小学校で特別支援学級の担任をしていた籔田侑亮教諭(39)です。

兵庫県教育委員会によりますと、教諭はことし6月までの3年余りの間に、6人の児童に対して合わせて34件の暴言や体罰を繰り返していたということです。

この中には登校時、かばんをしまうなどの支度をしなかった児童に「生きる価値なし。早く転校しろ」などと暴言をあびせたり、別の日には「死ぬしかないやろ」などの暴言をはいたりしたほか、児童が泣きながら「もう学校やめる」と言うと「ほんまに絶対やめろよ」などと迫ったこともあったということです。

さらに、足をかけて体を倒し、覆いかぶさったり、プールの授業中、児童の頭を押さえつけて無理やり水面につけるなどの体罰も日常的に行ったとしています。

調査に対し教諭は「なかなか指導がうまくいかず、怒りにまかせてやってしまった。子どもの心を傷つけ、心から反省している」と話しているということで、県教委は21日付けで懲戒免職の処分としました。

学校 暴言や体罰把握も口頭注意のみ

また、小学校は暴言や体罰を把握していましたが、口頭で注意するだけで教育委員会には報告しておらず、県教育委員会は、こうした対応が被害の拡大を招いた可能性もあるとして、校長を減給の懲戒処分にしました。

県教育委員会の稲次一彦教職員課長は「もっと早く気が付き、担任を外すなどの対応をすべきだった。被害に遭った児童に心からおわびをし、また学校や市教委を厳しく指導していきたい」と謝罪しました。