木材運搬のヘリコプター墜落 搭乗の操縦士1人けが 長野 大桑村

20日午後、長野県大桑村で木材を運搬していたヘリコプターが墜落する事故があり、警察などによりますと、操縦士1人が軽いけがをしましたが命に別状はないということです。

20日午後1時半すぎ、長野県大桑村の山中で「木材を運搬していたヘリコプターが落ちた」と、ヘリコプターを所有する会社から通報がありました。

警察や消防によりますと、ヘリコプターに乗っていたのは50代の男性操縦士1人で、操縦士は左腕を切る軽いけがをしましたが命に別状はないということです。

警察によりますと、このヘリコプターは県内の木材関連業者から依頼を受け、この山で伐採された木材を運ぼうと山の中腹あたりで上空をホバリングしていたところ、落ちたということです。

警察が詳しい事故の状況や原因を調べています。

また、国の運輸安全委員会によりますと、ヘリコプターの機体の一部が破損したということで、運輸安全委員会は航空機事故として調査官を現地に派遣して墜落のいきさつや原因を詳しく調べることにしています。