ドイツ メルケル首相の16年 安定した支持得るも難民政策で批判

4期16年にわたってドイツを率い、ヨーロッパで強いリーダーシップを発揮してきたメルケル首相(67)は今期かぎりで政界を引退することを表明しています。

アンゲラ・メルケル首相は67歳。

4期16年にわたって、ドイツを率い、ヨーロッパ政治においてもリーダーシップを発揮してきました。

2005年 ドイツで初めての女性首相に

旧東ドイツ育ちの物理学者で、1989年のベルリンの壁崩壊をきっかけに政治活動に加わり、2005年、歴代最年少の51歳で、ドイツで初めての女性の首相に就任しました。

16年にわたってドイツが直面した数々の難局で手堅い手腕を発揮し、中道右派の「キリスト教民主同盟」に所属しながら、脱原発や同性婚の容認など、リベラル寄りの政策も推し進め、幅広い層から安定した支持を得てきました。

2期目に入った2009年以降、ギリシャで多額の財政赤字が発覚したことをきっかけにヨーロッパの信用不安が広がると、ドイツの経済力と比較的健全な財政状況を背景に、EU=ヨーロッパ連合の対策を主導します。
ギリシャなどには財政の立て直しのために緊縮策や構造改革を迫りながら、ドイツ国民の税金を安易に支援のために投入しないというきぜんとした態度を取り、国内での支持が高まりました。

2011年の東京電力・福島第1原子力発電所の事故の際には、従来の方針を一転させて「脱原発」を決めるなど、世論の動向を見極めながら大胆に方針転換する一面も見せました。

2014年 ウクライナ危機

2014年、ウクライナ東部で、親ロシア派勢力と政府軍との間で戦闘が起きた「ウクライナ危機」では、みずから調停役となって、ロシアのプーチン大統領などと協議して停戦合意に持ち込み、国際的にも評価されました。

また、自由貿易の推進や気候変動対策などで多国間の協調を訴え続け、2016年にアメリカの大統領選挙で自国第一主義を掲げるトランプ氏が勝利すると、欧米メディアから「自由民主主義の最後の守り手」とも評されました。
一方で中国に対しては、新疆ウイグル自治区などでの人権問題をめぐって国際的な懸念が強まる中でも経済的な結び付きを重視し、ロシアに対しても、天然ガスをドイツに運ぶための海底パイプライン「ノルドストリーム2」の計画を推進し、アメリカやEUの加盟国の中から批判や反発を受けました。

2015年 “難民受け入れ”で求心力失う

2015年に中東のシリアなどからの難民を受け入れた決断は、その後メルケル首相の求心力を失わせていくことになります。

メルケル首相は当初、「助けを求める人たちを保護するのは当然だ」として、難民の受け入れに寛容な姿勢を示し、100万人を超える難民がドイツに到着しました。
しかし、ドイツの女性が難民らの集団に乱暴される事件などが起きると国内で批判が高まり、前回2017年の連邦議会選挙では、難民の受け入れに反対する右派政党「ドイツのための選択肢」の躍進を許し、地方選挙でも与党は相次いで敗北を喫しました。

2018年、メルケル首相は一連の責任をとる形で与党の党首の座を退き、首相として4期目を終えたあとは政界から引退すると表明しました。

2020年 コロナ対応で再び存在感

しかし去年、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大すると、危機への対応で再び存在感を増していきます。

去年3月に隣国との往来を制限した際には、移動の制限がいかに困難な決断かを国民に率直に説明して理解を求め、去年12月にはより厳しい措置の必要性を感情をあらわに訴えました。

科学を重視して客観的なデータに基づき制限措置の導入や緩和を判断し、ことばを尽くして国民の理解を求める姿勢は、厚い信頼を得ていると言われています。