関東甲信 雨のピークすぎるも しばらくは土砂災害などに注意

台風から変わった低気圧や前線の影響で、関東甲信では明け方にかけて断続的に雨が降りました。雨のピークはすぎましたが、しばらくの間は、土砂災害などに注意が必要です。

気象庁によりますと、台風から変わった低気圧は伊豆諸島の東の海上をゆっくりと東へ進んでいて、関東甲信は、伊豆諸島を中心に大気の不安定な状態が続いています。

雨のピークはすぎましたが、関東地方では、このあとしばらく大気の不安定な状態が続くほか、これまでの大雨で降り始めからの雨量が100ミリを超え、地盤が緩んでいるところがあります。

また、19日は海上を中心に風が強く、波も高い状態が続く見込みで、
最大風速は、
▽関東の海上で18メートル、
▽関東の陸上と伊豆諸島で15メートル、
最大瞬間風速は30メートルと予想されています。

気象庁は、このあとしばらくは、土砂災害、強風や高波、落雷、それに突風に注意するよう呼びかけています。