エンジェルス大谷 日本時間20日先発へ「ふた桁勝利」なるか

右腕に張りを感じたとして先発登板を回避していた大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手の次の先発登板が日本時間の20日になりました。大谷選手はこの試合で勝ち投手になれば、ベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」を達成します。

エンジェルスは18日、大谷選手の次回の先発登板が日本時間の20日に本拠地のアナハイムで行われるアスレティックス戦になると発表しました。

大谷選手は当初、18日のアスレティックス戦で先発登板する予定でしたが、16日の試合前にキャッチボールをした際に右腕に張りを感じたとして回避していました。

エンジェルスのマッドン監督は「シーズン終盤の疲れによるものだと思う」と話していて、大谷選手は18日の試合前にブルペンに入りワイズ投手コーチが見守る中、32球を投げました。

このうち24球は変化球で、投球の合間にはタブレット端末を確認する姿も見られました。

エンジェルスは、20日はバリア投手が先発登板すると17日発表し、大谷選手の登板は21日以降になる見通しでしたが、18日の状態を見てローテーションを変更したと見られます。

大谷選手が20日に勝ち投手になれば「野球の神様」と言われるベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」を達成します。

マッドン監督 日本語Tシャツで登場

エンジェルスのマッドン監督が17日の試合前の会見に、大谷翔平選手が好きだという日本語が書かれたオリジナルのTシャツを着て登場しました。

この日、マッドン監督が着ていたのは、トレードマークのめがねのイラストとともに「下手くその上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」という日本語がプリントされたオリジナルのTシャツです。

このことばは日本の人気バスケットボール漫画「スラムダンク」の名ぜりふとして知られていて、シュート練習がうまくいかないことを素直に認められない主人公に向けて、監督が現状を把握する大切さを説く際に語られます。

マッドン監督は自身が持つ慈善事業の団体で長年、生活困窮者の支援活動をしていて、その資金を確保するためにオリジナルTシャツなどを製作し販売しています。

今回、その活動の一環で日本語Tシャツを作ろうと大谷選手に相談した際、このことばを提案されたということで、マッドン監督は「翔平と通訳の一平に聞いたら、彼らが『このことばがいい』と言ったんだ。一平は『翔平の好きなことばの1つです』と言っていた」と経緯を明かしていました。