関東甲信 19日明け方にかけ激しい雨のおそれ 土砂災害に警戒を

台風14号は18日午後、静岡県の沖合で温帯低気圧に変わりました。
北日本では18日夜遅くにかけて、関東甲信では19日明け方にかけて雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、引き続き土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水などに十分注意が必要です。

気象庁によりますと、台風14号は17日夜、福岡県に上陸したあと、18日未明に愛媛県、18日朝早くには和歌山県に再上陸しました。

台風はその後、太平洋へ抜けて東海の南の海上を東へ進み、午後3時に静岡県の沖合で温帯低気圧に変わりました。

18日朝にかけて東海や関東では発達した雨雲が流れ込み、午前3時までの1時間には三重県が紀北町に設置した雨量計で82ミリの猛烈な雨を観測したほか、午前6時前までの1時間には神奈川県海老名市で65.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

また、東海や関東を流れる川では一時、氾濫危険水位を超えました。

台風から変わった低気圧や東北付近にある別の低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込んでいるため、東日本と北日本では大気の状態が不安定になり、関東や北海道などで局地的に雨雲が発達しています。

温帯低気圧に変わっても激しい雨のおそれ

温帯低気圧は19日にかけて伊豆諸島を通過し、東北にある低気圧は東へ進む見込みで、2つの低気圧と前線の影響で東日本と北日本を中心に大気の不安定な状態が続く見込みです。

東北や北海道では18日夜遅くにかけて、関東甲信では19日明け方にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、関東甲信では局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

19日18時までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽関東甲信で120ミリ、
▽北海道と東北で60ミリと予想されています。

東日本では強風・高波も注意

東日本では19日にかけて風の強い状態が続き、海上はうねりを伴ってしけとなるところがある見込みです。

気象庁は土砂災害に警戒するとともに川の増水や低い土地の浸水、強風や高波、落雷、それに竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。