池袋暴走事故 実刑確定で遺族が会見「罪と向き合う5年間に」

おととし、東京 池袋で車を暴走させ、母親と3歳の子どもを死亡させたなどとして90歳の被告が過失運転致死傷の罪に問われた裁判で、禁錮5年の実刑判決が確定したことを受けて遺族が会見し、妻と娘を亡くした松永拓也さんは「裁判という争いが終わり、やっと2人が愛してくれた自分らしく生きられる」と話しました。

おととし4月、東京 池袋で車が暴走し、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡したほか、9人が重軽傷を負った事故では、旧通産省の幹部だった飯塚幸三被告(90)が過失運転致死傷の罪に問われ、東京地方裁判所は今月2日、禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

裁判で「運転に過失はなかった」と無罪を主張していた被告の対応が焦点となっていましたが、期限の16日までに被告側も検察も控訴せず、実刑判決が確定しました。

確定を受けて遺族が会見し、真菜さんの夫の松永拓也さんは「最後まで被告から過失を認めることばが聞けなかったのが残念です。刑務所で過ごすと決めたのであれば、罪と向き合う5年間にしてほしい」と話しました。
そして「大事なことは当たり前の日常が事故で奪われないようにすることで、それが2人の命をむだにしないことだと思う」として、今後は交通事故防止の活動に力を入れたいと述べました。

そのうえで「亡くなった2人には心から愛していると言いたいです。やっと争いが終わり、妻と娘が愛してくれた私らしく生きていけると思います」と目に涙を浮かべながら語りました。

また、真菜さんの父親の上原義教さんは「苦しいこと、悲しいことばかりでしたが、多くの人に支えられて遺族は頑張ることができました。真菜と莉子に会いたくて会いたくてしかたありません」と話しました。