小池都知事 木下都議を「応援したこと恥じるべきと思う」

みずからが特別顧問を務める都民ファーストの会に所属していた、東京都議会の木下富美子議員が、無免許運転で事故を起こしたなどとして書類送検されたことについて、小池知事は「言語道断だ」としたうえで「そういった方を応援したことは大変恥じるべきことだと思っている」と述べました。

東京都議会の木下富美子議員は都議会議員選挙の期間中だったことし7月、無免許で車を運転し、事故を起こしていたことが発覚しました。

警視庁は、2人にけがをさせたうえ、そのまま走り去った疑いがあり、この事故のほかにも6回にわたって無免許運転を繰り返していたとして書類送検しました。

これについて東京都の小池知事は、17日の記者会見で「言語道断だ」と述べました。

そのうえで都議会で辞職勧告が決議されたことに関連し「範を示すべき人がその逆をずっと行くというのは厳しいの一点に尽きる。そのことをしっかり自身で受け止めて判断されることを期待している」と述べました。

また選挙戦の最終日に木下議員の事務所を激励に訪れたことについて「そういった方を応援したことは大変恥じるべきことだと思っている」と述べました。