「鬼滅の刃」アニメ制作会社 脱税の裁判 社長 起訴内容認める

人気漫画「鬼滅の刃」の映画版などを手がけたアニメ制作会社と社長が、法人税など1億3800万円余りを脱税した罪に問われている裁判が始まり、社長は起訴された内容を認め、謝罪しました。

東京のアニメ制作会社「ユーフォーテーブル」と社長の近藤光被告(51)は、平成27年から平成30年までに売り上げの一部を除外するなどして会社の所得およそ4億4100万を隠し、合わせて1億3800万円余りを脱税したとして、法人税法違反などの罪に問われています。

東京地方裁判所で開かれた初公判で、近藤社長は起訴された内容を認めたうえで「会社が困ることにはならないと思い、脱税してしまった。申し訳ありませんでした」と頭を深く下げて謝罪しました。

検察は、冒頭陳述で「制作に関わったアニメの人気が出て、経営していたカフェやグッズ販売が好調となり、将来の経営悪化に備えて、できるかぎり資金を手元に残しておこうと考え、売り上げの一部を除外することを繰り返した」と主張しました。

この会社は、人気漫画「鬼滅の刃」を原作とするテレビアニメや映画のほか、人気アニメ「Fate」のシリーズなどのアニメーション制作を担当したことで知られています。