無免許運転で事故などの疑い 木下東京都議を書類送検 警視庁

ことし7月、都内で無免許で車を運転し、事故を起こしていたことが発覚した東京都議会の木下富美子議員について、警視庁はこの事故で2人にけがをさせるなどしたうえ、ほかにも6回にわたって無免許運転を繰り返していたとして書類送検しました。

東京都議会の木下富美子議員(54)は、選挙期間中だったことし7月2日、東京 板橋区の交差点で無免許で車を運転し、事故を起こしていたことが発覚しました。

警視庁が捜査した結果、当時、木下議員が車をバックさせた際に後ろの車と衝突し、乗っていた男女2人に軽いけがをさせたうえ、そのまま走り去った疑いがあることが分かったということです。

このほか、ことし5月と6月にも、6回にわたって無免許運転を繰り返していたとして、警視庁は17日、木下議員を無免許過失運転傷害などの疑いで書類送検しました。

任意の事情聴取に対し、容疑を大筋で認めているということです。

木下議員は、ことし7月4日に行われた東京都議会議員選挙で都民ファーストの会の公認で立候補し、当選しましたが、事故の発覚を受けて除名処分となったほか、都議会でも辞職勧告決議案が可決されています。

小池知事 辞職勧告決議念頭に「ひとえに本人の判断」

木下議員が所属していた都民ファーストの会の特別顧問は小池知事が務めています。

小池知事は17日、記者団から木下議員が書類送検されたことについての受け止めを聞かれました。

これに対して小池知事は都議会の辞職勧告決議を念頭に「ひとえに本人の判断だ」と述べました。