横田早紀江さん「絶望感に近いむなしさ」あす日朝首脳会談19年

北朝鮮が初めて拉致を認めた日朝首脳会談から17日で19年になります。

いまも帰国を果たせていない横田めぐみさんの母親の早紀江さん(85)がNHKの取材に応じ「これだけ長い時間がかかっていることに、絶望感に近いむなしさを感じています」と胸の内を語りました。

19年前の2002年9月17日に行われた日朝首脳会談で、北朝鮮は初めて拉致を認め、5人の被害者が帰国しました。

しかし、その後も安否がわからず、今も帰国を果たせていない拉致被害者は、政府が認定しているだけでも12人に上っています。

そのうちの1人、横田めぐみさんの母親の早紀江さんが16日、NHKの取材に応じ「年月がたつほどに体もしんどくなる。これだけ長い時間がかかっていることに、絶望感に近いむなしさを感じています」と話しました。

そのうえで「日本政府には『これほどむごいことは許せない』という気持ちで北朝鮮に働きかけ、再び日朝首脳会談を開いて、必ず被害者を取り返してほしい」と話し、政府に対し、すべての被害者の一日も早い帰国の実現に向けた取り組みを改めて求めました。

日朝首脳会談以降の19年間で、被害者12人の親のうち8人が亡くなり、健在な親は、横田早紀江さんと有本恵子さんの父親の明弘さん(93)の2人だけです。

被害者家族の間では、親の世代が健在なうちに再会を実現したいという思いが、これまでになく強まっています。