台風予報の大幅変更 気象庁「予想以上に発達 大雨暴風警戒を」

台風14号の予報が大幅に変わったことを受けて、気象庁は「予想以上に発達をした」と説明したうえで、中心付近は雨や風が強まるため大雨や暴風、高潮に警戒するとともに今後の予想が難しくなっていることから最新の情報を確認するよう呼びかけています。

海水温の高さなどが影響

これまで台風14号は対馬海峡付近で温帯低気圧に変わる予想でしたが、台風のまま九州北部をはじめとする西日本に近づき、17日、上陸するという見込みに変わりました。

見通しが変わった理由について気象庁は15日夜から予想以上に発達をしたためだとしていて、海水温の高さなどが影響した可能性があるとしています。

また、16日午前9時の段階で中心気圧は990ヘクトパスカル最大風速は25メートルとされていますが、さらに発達する可能性もあり場合によっては暴風域を伴うおそれもあるということです。

台風のまま接近することから通過する前後で雨や風が強まり、大雨となるおそれがあるほか、非常に強い風も吹く見込みです。

予報官「ふだん大雨にならない地域で雨が強まるおそれも」

気象庁予報課の岸本賢司主任予報官は「台風のまま上陸することで中心付近は風が強まったり急激に雨が強まったりするおそれがある。進路も南に進む予報に変わり、瀬戸内海や近畿を通過する可能性もあるが、ふだん大雨にならない地域で雨が強まるほか、高潮のおそれもあるので、注意・警戒が必要だ」と呼びかけました。
そのうえで「台風の予想は現状難しく、さらに発達するおそれもある。交通機関への影響もあるので風の強さなど最新の情報を確認して欲しい。また、台風の東側には前線もあるため台風本体から離れたところでも大雨に警戒が必要だ」と話しています。