小室圭さん 近く帰国見通し 宮内庁 眞子さまとの結婚発表準備

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまとの結婚の調整が進められている小室圭さんが、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く帰国する見通しとなったことが、関係者への取材でわかりました。
宮内庁は、来月の結婚も念頭に発表の準備を進めていて、眞子さまは、小室さんの帰国後、2人で記者会見などの機会を設け、結婚について報告される見通しです。

関係者によりますと、小室圭さん(29)は、ことし7月に受験したアメリカ・ニューヨーク州の司法試験の合格が見込まれるとして、州内の法律事務所から就職の内定を伝えられました。

小室さんの就職先は、日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所で、小室さんは、就労ビザの取得も終えて、現地での生活の基盤が整ったということです。

これを受けて小室さんは、眞子さまとの結婚のため、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く、3年ぶりに帰国する見通しとなったということです。
眞子さまは、小室さんの帰国後、新型コロナウイルス対策の待機期間が終わるのを待って小室さんと再会し、2人で記者会見などの機会を設けて結婚について報告されるものとみられます。

眞子さまは、30歳の誕生日を迎える来月23日までに結婚される可能性もあり、宮内庁は発表に向けた準備や調整を進めています。

眞子さまは、アメリカに渡って小室さんと2人での生活を始められる見通しで、小室さんは、新たな住まいの準備を急いでいるということです。

眞子さまと小室さんの結婚にあたっては、小室さんの母親の金銭トラブルに対する批判的な世論などを踏まえて、女性皇族の結婚に伴う儀式はすべて行われず、結婚式も開かれない見通しです。

また、結婚によって皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らない意向を示されているということです。

東京 銀座ではさまざまな声

眞子さまとの結婚のため小室圭さんが近く帰国する見通しになったことについて、東京 銀座ではさまざまな声が聞かれました。

40代の会社員の女性は「個人の意志を尊重すべきだと思いますので、おめでたいことだと思います。ただ、もやっとする部分は払拭(ふっしょく)されていないので、時間をかけて説明されたほうが、皆さん喜んで祝福できるのではないかと思います」と話していました。

また、2人でいた20代の会社員の女性の1人は「結婚が長く延期されていたので、素直におめでたいなと思います。幸せな家庭を築いていただき、国民の多くが『結婚されて良かった』と思える時が来るのを待ちたいです」と話し、もう1人は「お互い愛し合っているなら応援したいと思います。お二人で前向きに、良い方向に歩んでいってもらえたら」と話しました。

一方、60代の自営業の男性は「小室さんの身辺をきれいにしてからでないと素直には喜べないのが心情です。皇室の方々には、これまで歩んでこられたような清潔なイメージであってほしい」と話していました。

婚約内定後の経緯について

眞子さまと小室さんの婚約は、4年前の平成29年9月に内定しました。

2人での記者会見では、平成24年(2012年)に国際基督教大学の交換留学生のための説明会で近くに座ったのをきっかけに親しくなったとしたうえで、眞子さまは、「居心地が良く、笑顔あふれる家庭をつくることができれば、うれしく思います」と述べられました。

結婚に向けた準備が進められ、宮内庁は、一般の結納にあたる「納采の儀」や結婚式の日取りを発表しました。

しかし、その年の暮れ以降、週刊誌などが「小室さんの母親と元婚約者の男性の間に金銭トラブルがある」と相次いで報じ、結婚に向けた儀式などが延期されました。

去年11月には眞子さまが、小室さんとの結婚について、延期されて以降、初めてお気持ちを文書であらわし、「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」とつづられていました。

小室さんの母親の金銭トラブルとは

小室さんの母親と元婚約者の男性との間の「金銭トラブル」は、眞子さまと小室さんの婚約が内定した平成29年(2017年)の暮れ以降、週刊誌などで相次いで報じられました。

男性は、婚約が解消される平成24年までのおよそ2年間に生活費などとして合わせておよそ400万円を支援していたとして、返済を求めていました。

小室さんは、ことし4月、金銭トラブルについて詳しく説明する文書を公表し、男性に解決金を渡す意向があることを明らかにしましたが、その後、具体的な進展はないということです。

秋篠宮ご夫妻の思いは

眞子さまの結婚について、秋篠宮ご夫妻は、直近の記者会見などで次のように述べられていました。

秋篠宮さまは、去年11月の誕生日にあたっての記者会見で、結婚することを認めるとして、「憲法にも、結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と、述べられました。

一方で「決して、多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています」として、「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めて、きちんと話すということは、大事なことだと思っています」と話されていました。

また、紀子さまは、今月の誕生日にあたっての記者からの質問への文書回答で眞子さまについて、「親として、娘の思いや考えを受け止められるよう対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております」と記されています。

結婚などの手続きについて

眞子さまが小室さんと結婚するには、一般の人と同じように役所の窓口に婚姻届を提出される必要があります。

宮内庁職員などの代理の人が提出するとみられ、受理されれば新しい戸籍が作られ、眞子さまは皇室を離れられます。

一方、皇室の戸籍にあたる「皇統譜」には、眞子さまが結婚して皇室を離れられたことが書き込まれます。

またアメリカに渡る場合、皇族はパスポートなどを持っていないため、戸籍を作ったあとに、申請手続きをされることになります。

「一時金」について

眞子さまが受け取らない意向を示されている「一時金」は、女性の皇族が結婚して皇室を離れる場合、品位を保つことを目的に支給されることが皇室経済法で定められています。

支給額の上限は、
▽天皇の子や孫にあたる「内親王」が1億5250万円、
▽内親王以外の女性皇族である「女王」が1億675万円となっています。

結婚によって皇室を離れた女性皇族が、「一時金」を支給されなかったことは戦後、例がないということです。

官房長官「静かに見守っていきたい」

加藤官房長官は午後の記者会見で、「報道は承知しているが、従来から申し上げているように、眞子さまのご結婚に関しては、政府としては、静かに見守っていきたいと考えている」と述べました。