台風14号 進路変え日本接近の見込み 広い範囲で荒れた天気に

東シナ海で停滞を続けていた台風14号は次第に進路を変えて日本に近づく見込みで、西日本では大雨による土砂災害や暴風、高波に警戒が必要です。台風は17日朝には温帯低気圧に変わる見込みですが、18日にかけては北日本から西日本にかけての広い範囲で荒れた天気になるおそれがあり今のうちにできる備えを進めてください。

気象庁によりますと、台風14号は東シナ海で停滞を続けていましたがゆっくりした速さで北西へ進んでいて、次第に進路を変え、対馬海峡に近づく見込みです。

これまでに降った雨で宮崎県では、土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

17日朝には温帯低気圧に変わる見込みですが、低気圧として発達する見通しで、西日本から次第に雨や風が強まる見込みです。

17日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、▽四国地方で150ミリ、▽九州南部で120ミリ、▽九州北部で100ミリと予想されています。

その後、18日朝までの24時間に降る雨の量は▽四国、近畿、東海で200ミリから300ミリ▽九州北部と中国地方で100ミリから200ミリ▽九州南部で100ミリから150ミリと予想されています。

暴風にも十分注意

また台風が温帯低気圧に変わると、中心だけでなく広い範囲で強い風が吹くおそれがあります。

西日本では17日から18日にかけて非常に強い風が吹き、海上はしける見込みです。

17日予想される最大風速は▽九州北部で25メートル▽中国地方で23メートル、最大瞬間風速は▽九州北部と中国地方で35メートルと予想されています。

18日は北日本や東日本でも広い範囲で風が強まる見込みです。

暴風や、うねりを伴った高波にも十分注意が必要です。

広範囲で雨風強まる 今のうちに備えを

あらかじめ自治体のハザードマップなどで地域の災害の危険を把握し、お年寄りや体の不自由な人など避難に時間がかかる人は雨や風が強まる前に早めに安全な場所へ移動できる準備を進めるなど、今のうちにできる備えを進めてください。