台風14号あす以降接近へ 週末は北~西日本で雨 風強まる見込み

東シナ海で停滞を続ける台風14号は16日、次第に進路を変えて日本に近づく見込みで、16日の夜以降は西日本を中心に大雨になるおそれがあります。
台風は17日には温帯低気圧に変わる見込みですが、北日本から西日本にかけての広い範囲で雨や風が強まる見込みで、今のうちにできる備えを進めてください。

16日夜以降 西日本中心に大雨のおそれ

気象庁によりますと、台風14号は13日から東シナ海でほとんど停滞を続けていますが、16日の日中には北東に進路を変え、17日朝には対馬海峡へ進み温帯低気圧に変わる見込みです。

九州付近にある前線の活動も活発になるため、西日本を中心に大雨になるおそれがあります。

16日の夕方から17日の夕方にかけての24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽四国で200ミリから300ミリ
▽九州北部で100ミリから200ミリ
▽九州南部、近畿、東海で100ミリから150ミリ
▽中国地方で50ミリから100ミリと
予想されています。

九州の一部ではすでに大雨になっているため、ふだんより少ない雨で土砂災害が起きやすいことから十分注意が必要です。

18日(土) 北~東日本でも非常に激しい雨のおそれ

その後の予報には幅がありますが、低気圧は17日以降、東日本や北日本に近づく見込みで、18日土曜日は東日本や北日本でも雷を伴って非常に激しい雨が降り大雨になるおそれがあります。

地元の気象台からの気象情報や自治体からの避難に関する情報を確認するようにしてください。

暴風・高波にも十分注意

また、台風が温帯低気圧に変わると中心だけでなく広い範囲で強い風が吹くおそれがあります。

西日本では17日から18日朝にかけて非常に強い風が吹き、海上はしける見込みで、18日は北日本や東日本でも広い範囲で風が強まる見込みです。暴風やうねりを伴った高波にも十分注意が必要です。

今のうちに備えを

あらかじめ自治体のハザードマップなどで地域の災害の危険を把握し、お年寄りや体の不自由な人など避難に時間がかかる人は雨や風が強まる前に早めに安全な場所へ移動できる準備を進めるなど、今のうちにできる備えを進めてください。

気象庁 長谷川長官「温帯低気圧になり安心ではない」

気象庁の長谷川直之長官は15日に開かれた定例の記者会見で、今後の台風の見通しについて「温帯低気圧になる予想だが『温帯低気圧になれば安心だ』ということでは決してない。むしろさらに発達するという予想で、風の吹き方や雨の降り方も台風とは変わる。最新の気象情報に注意し、皆さんご自身が住んでいるところにどんな危険があるのかをしっかり理解いただいて準備を進めてほしい」と呼びかけました。

一方、長谷川長官は、8月の大雨で気象庁のホームページにアクセスが集中し、一時つながりにくくなったトラブルを受けてシステムの改善を行い、前回のようなアクセスには耐えられるようにしたと現状の対策を説明しました。

また、最も閲覧する人が多い雨雲のレーダー画面のアクセスを分散するとともに、万が一、ホームページがつながらなくなった時にも備えるため簡易的なレーダー画面を見られるページを今月中には開設するということです。