池袋暴走事故 被告 “判決受け入れたい” 控訴しない意向示す

おととし、東京・池袋で車を暴走させて母親と子どもを死亡させるなどした罪で禁錮5年の実刑判決を受けた90歳の被告が、加害者家族の支援団体の理事長に対し「判決を受け入れたい」と話し、控訴しない意向を示したことがわかりました。

おととし4月、東京・池袋で車が暴走し、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡したほか、9人が重軽傷を負った事故では、旧通産省の幹部だった飯塚幸三被告(90)が過失運転致死傷の罪に問われました。

裁判で、飯塚被告は無罪を主張しましたが、東京地方裁判所は今月2日「ブレーキとの踏み間違いに気付かないまま、アクセルを最大限踏み続けた」と指摘して禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

16日が控訴の期限となっていて、加害者家族の支援活動を行うNPOの理事長によりますと15日、面会した際に飯塚被告は「控訴しない方針を弁護士とも話して決めている。償いになるかわからないが判決を受け入れたい」と話したということです。

このまま被告側と検察の双方が控訴しなければ、実刑判決が確定することになります。

事故で妻と娘を亡くした松永拓也さんは「確定するまでは動向を見守りたいので、コメントは差し控えます。確定後に何らかの形でご報告したいと思っています」とツイッターに投稿しました。