大谷翔平 ホワイトソックス戦 4打数無安打 本塁打王争い大混戦

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、14日のホワイトソックス戦にフル出場しましたが、4打数ノーヒットでした。

大谷選手は14日、相手の本拠地シカゴで行われたホワイトソックス戦に2番・指名打者で先発出場し、1回の第1打席はインコース高めの速球を空振りして三振でした。

4回の第2打席はインコース低めの速球を見逃して三振し、5回の第3打席はフォアボール、7回の第4打席はサードゴロで、9回の第5打席はアウトコースのワンバウンドのカーブを振って空振り三振でした。

大谷選手は4打数ノーヒット、三振3つ、フォアボール1つで5試合ぶりにヒットが出ず、打率は2割5分7厘となりました。

エンジェルスは3対9で敗れました。

大谷選手のタイトル獲得なるか注目されるホームラン王争いでは、ロイヤルズのペレス選手がアスレティックス戦で43号スリーランを打って大谷選手に1本差と迫りました。

前日単独トップに立ったブルージェイズのゲレーロJr.選手から3位のペレス選手までが2本差とアメリカンリーグのホームラン王争いは大混戦となっています。