神奈川 茅ヶ崎 結婚相談所で経営者を切りつけ 利用者の男逮捕

15日午前、神奈川県茅ヶ崎市の結婚相談所で、経営者の70代の夫婦を刃物で切りつけてけがをさせたとして、66歳の利用者が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは茅ヶ崎市の自称建築業、山内利喜夫容疑者(66)です。

警察によりますと、15日午前10時すぎ、茅ヶ崎市円蔵にある結婚相談所の2階の部屋で、経営する77歳の男性と76歳の妻の顔や首などを刃物で切りつけてけがをさせたとして殺人未遂の疑いが持たれています。

男性のけがは軽く、妻は入院が必要なものの、命に別状はないということです。

現場から車で逃走しましたが、およそ2時間後に自宅に帰っていたところを捜査員に確保されたということです。

これまでの調べで、山内容疑者は午前10時に予約して相談所を訪れていましたが、結婚とは別の相談を始めたため夫婦が受けられないと伝えたところ、カッターナイフで切りつけてきたということです。

調べに対し「切りつけて殺そうとしたことは間違いない」などと容疑を認めているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。