ハイチ大統領暗殺 検察当局が事件後就任の首相の関与疑い捜査

カリブ海の島国ハイチの検察当局は、ことし7月に大統領が暗殺された事件に関わった疑いがあるとして、事件後に就任したアンリ首相への捜査を進めていることを明らかにしました。

ハイチではことし7月、モイーズ大統領が自宅に押し入った武装グループに暗殺され、事件の直前に大統領から首相に指名されていた医師で元閣僚のアンリ氏が首相に就任し暫定的に国政を担っています。

事件について捜査しているハイチの検察当局は14日、大統領の暗殺に関わった疑いがあるとしてアンリ首相の国外への出国を禁止するよう関係機関に要請したことを明らかにしました。

検察当局はアンリ首相が事件直後に主犯格と見られる人物と電話で2回話した記録があるとしていますが、アンリ首相はツイッターにみずからの関与を否定する内容の投稿をしました。

ハイチでは先月14日に起きた地震で2000人以上が亡くなるなど大きな被害が出て今も十分な支援が行き届いていません。

地震から1か月となる14日、アンリ首相はツイッターで復興に全力を尽くす考えを示しましたが、国政のトップが捜査対象となったことで政情が不安定化し復興が滞る事態も懸念されます。