面識ない女性襲ったか 逮捕の大学生「鳥栖に初めて来た」 佐賀

佐賀県鳥栖市で、79歳の女性を鈍器で殴って殺害したとして、長崎市の大学生が逮捕された事件で、警察の調べに対し、大学生が「鳥栖市には初めて来た」と話していることがわかりました。警察は、面識のない女性を襲ったとみて詳しく調べています。

長崎市に住む長崎大学薬学部4年生、山口鴻志容疑者(25)は、今月10日の午後1時ごろ、鳥栖市酒井東町の住宅の庭で、除草作業をしていた大塚千種さん(79)の頭を鈍器で殴って殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。

山口容疑者は13日「高齢の女性の頭をハンマーで複数回殴った」などと言って、大分県内の警察署に自首し、14日未明に逮捕されました。

警察によりますと、その後の調べに対し「鳥栖市には初めて来た」と話しているということです。

一方、大塚さんの遺族は、山口容疑者について知らないと説明しているということで、警察は、初めて訪れた場所で面識のない相手を襲ったとみて、いきさつなどを詳しく調べています。