「昆虫食」の自動販売機お目見え 新たな栄養源として注目 佐賀

コオロギ、ゲンゴロウ、バッタ…。新たな栄養源として注目されている「昆虫食」の自動販売機が佐賀県みやき町にお目見えしました。

「昆虫食」の自動販売機が設置されたのは、みやき町原古賀にある熱帯魚などの販売店「AQUA SEA」の店先です。

売られているのはガの幼虫のタケムシやコオロギ、それにゲンゴロウなど12種類の昆虫です。

それぞれ素揚げされた昆虫が20匹から30匹ほど入って1瓶1000円で販売されています。

昆虫食はこのところ、世界の食糧不足を解決する新たな栄養源として注目を集めています。

店によりますと佐賀県内に昆虫食の自動販売機が設置されたのはこれが初めてだということで、14日は関係者が試食して味を確かめていました。
自動販売機を設置した古賀貴彦さんは「昆虫は最初は敬遠しがちですが、食べるとおいしいです。高たんぱく・高ミネラルで栄養も豊富なので、未知なる食べ物として広まってほしいです」と話していました。