北海道 大気非常に不安定 オホーツク海側は土砂災害に警戒を

北海道内は12日にかけて、大気の非常に不安定な状態が続く見込みで、気象台は、オホーツク海側では、大雨による土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、北海道内は、大気の状態が非常に不安定になっていて、大雨となっているところがあります。

気象庁によりますと、レーダーによる解析で上川町の南部付近では、午後4時30分までの1時間に北部付近では、午後4時50分までの1時間にいずれもおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

災害が発生する危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう、呼びかけています。

北海道内は、前線を伴う低気圧が、12日にかけて付近を通過し、暖かく湿った空気が流れ込む影響で、広い範囲で雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

12日午後6時までに降る雨の量は、多いところで1時間に40ミリ、12日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、日本海側北部で100ミリ、そのほかの地域で80ミリと予想されています。

気象台は、オホーツク海側では今夜はじめごろにかけて大雨による土砂災害に警戒するとともに、北海道内の広い地域で、12日夕方にかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。