大谷翔平 2番・ピッチャーで出場へ 103年ぶりの記録達成かけ

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」の達成がかかった11日のアストロズ戦に、2番・ピッチャーで先発出場することになりました。

大谷選手はここまでピッチャーとして9勝1敗、バッターとしてはホームラン43本を打っていて、日本時間の11日午前9時すぎから相手の本拠地ヒューストンで行われるアストロズ戦で勝ち投手になれば「野球の神様」と言われるベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」を達成します。

対戦相手のアストロズはチーム打率が大リーグトップの2割6分7厘と強力打線が持ち味で、大谷選手はこれまでアストロズ戦では通算4試合で0勝1敗、防御率4.96と苦手にしている相手です。

それでも、前回登板で5月に対戦した時は7回を投げて許したヒットが4本、三振10個を奪う好投でホームランによる1失点のみと好投していて、強敵相手に中6日での先発マウンドで自身9連勝、そして大リーグの歴史に残る快挙達成を目指します。

NHKでは試合の模様を、このあと午前9時からBS1で中継でお伝えします。