猛烈な台風14号 先島諸島にかなり接近か 暴風 高波に厳重警戒

猛烈な台風14号は、12日から13日にかけて沖縄県の先島諸島にかなり接近する見込みで、暴風や高波に厳重に警戒してください。その後の進路には幅がありますが、九州に近づく可能性があり、今後の情報に注意が必要です。

気象庁によりますと、猛烈な台風14号は11日午前6時には、フィリピンの東の海上にあって1時間におよそ15キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は905ヘクトパスカルまで発達し、中心付近の最大瞬間風速は85メートルに達しています。

台風は今後、進路を次第に北に変え、12日から13日にかけて沖縄県の先島諸島にかなり接近する見込みです。

12日予想される最大風速は、沖縄県の八重山地方で45メートル、最大瞬間風速は65メートルとなっています。

波も高くなり、八重山地方ではあすは10メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

また、先島諸島では12日から台風周辺の発達した雨雲がかかり、大雨となるおそれもあります。

気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼びかけています。

台風のその後の進路には幅がありますが、九州に近づく可能性があり、最新の情報に注意が必要です。