自民党 若手の会発足 派閥横断の約60人参加 緊急提言も

総裁選挙を前に、自民党の当選1回から3回の有志の衆議院議員は「党風一新の会」と名付けた新たな議員グループを立ち上げ、オンラインで開いた初会合には派閥横断のおよそ60人が参加しました。

会合では、総裁選挙に向けた緊急提言をまとめ、候補者に対し、議員グループのメンバーとの意見交換の機会を設けることや、当選回数にこだわらずに人材を登用する仕組みの構築を進めることなどを求めています。

代表世話人に就任した細田派の福田達夫衆議院議員は「開かれた総裁選挙にしたい。われわれの声で自民党の政治が変わるよう取り組みたい」と述べました。