東京パラリンピックで金 国枝慎吾に所属企業が1億円の報奨金

東京パラリンピックの車いすテニスで金メダルを獲得した国枝慎吾選手が、パラスポーツの地位向上に貢献したなどとして、所属先の企業から1億円の報奨金を受け取ることになりました。

東京パラリンピックで日本選手団の主将も務めた37歳の国枝選手は、車いすテニスの男子シングルスで2大会ぶり3回目の金メダル獲得を果たしました。

国枝選手の所属する「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは、国枝選手の東京大会での活躍が、一般のスポーツとパラスポーツの垣根を超えたものであり、パラスポーツの地位向上に貢献し、あらゆる人を勇気づけたなどとして、国枝選手に対して1億円の特別報奨金を支払うと、9日に発表しました。

1億円の報奨金を支払うのは、2014年にテニスの全米オープンで準優勝を果たした錦織圭選手以来、2人目だということです。

国枝選手は「最大限の評価をいただき、最初に聞いたときは震えてしまった。この評価に恥じないように、これからもいいパフォーマンスを継続していきたい」とコメントしています。

国枝選手は、日本時間10日からニューヨークで行われるテニスの四大大会、全米オープンの車いすの部に出場します。