河野規制改革担当相 若者向けイベントでワクチン接種呼びかけ

自民党総裁選挙への立候補を検討している河野規制改革担当大臣は4日午後、オンラインで開かれた若者向けのファッションイベントに参加しました。

この中で河野大臣は、新型コロナウイルスのワクチンをめぐり「ファイザーやモデルナのワクチンは有効率が95%と言われ非常に効果が高い。感染や発症、重症化などを防ぐという意味でもワクチンは大事だ」と指摘しました。

そのうえで「1日に120万回ぐらいワクチンを打っていて、11月の初めごろには全員が2回を打ち終われるよう十分な供給ができる。皆さんも接種を受けられるときに受けていただき、みんなで力を合わせて楽しい日を取り戻していきたい」と述べ、若い人たちにワクチンの接種を呼びかけました。