震度7の地震から3年を前に献花台 犠牲者を悼む 北海道 厚真町

北海道の胆振地方を震源とする震度7の揺れを観測した地震から6日で3年になるのを前に、大規模な土砂崩れが起きた厚真町に献花台が設置され、訪れた人が犠牲者を悼みました。

北海道の厚真町では3年前の9月6日に発生した地震で震度7を観測し、大規模な土砂崩れに巻き込まれるなどして災害関連死を含め37人が亡くなりました。

このうち19人が亡くなった吉野地区の土砂崩れの現場の前に4日、献花台が設置されました。

献花台には犠牲になった人の家族や知人が訪れ、花を手向け静かに手を合わせていました。

町内の81歳の男性は「職場の仲間が3人亡くなっているので、『心配しないで安らかにね』と心の中で伝えました」と話していました。

また、いとこを亡くした苫小牧市の33歳の男性は「『まずはゆっくり休んで』ということばをかけました。この地震を忘れずに今後も生きていきたい」と話していました。

吉野地区の献花台は6日まで設置されるほか、町では5日に追悼式が開かれます。