河野規制改革相 派閥会長の麻生大臣に総裁選立候補検討を伝達

自民党総裁選挙をめぐり河野規制改革担当大臣は3日午後、みずからが所属する麻生派の会長を務める麻生副総理兼財務大臣と会談し、立候補を検討していることを伝えました。

菅総理大臣が3日、自民党の臨時役員会で総裁選挙に立候補しないと表明したことを受け、河野規制改革担当大臣は3日午後、みずからが所属する麻生派の会長を務める麻生副総理兼財務大臣とおよそ30分にわたって会談しました。

この中で河野氏は、総裁選挙への立候補を検討していることを伝えました。

また、関係者によりますと、河野氏は別の麻生派の所属議員や自民党幹部にも同様の意向を伝えたということです。

河野規制改革相「先輩や仲間の議員などと相談して決めたい」

河野規制改革担当大臣は3日夕方、東京 永田町の合同庁舎で記者団に対し「非常に密度の濃い1年だったと思う。菅総理大臣が出馬されないということになり、支える閣僚の1人として力不足で、じくじたる思いがある。この菅内閣の1年間をどこかでしっかりと皆さんに評価を頂くことになるのではないか」と述べました。

そのうえで、総裁選挙への対応について「必要な改革を思い切ってやりながらコロナ対策をやっていく必要がある。菅総理大臣が不出馬という総裁選挙なので私自身どうするか、先輩や仲間の議員、関係する皆さんといろいろ相談しながら決めていきたい」と述べました。