警察官を持続化給付金詐欺の疑いで書類送検「不倫の交際費に」

警視庁の59歳の警察官が、妻が個人事業主であるように装ってうその申請を行い国の「持続化給付金」100万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで書類送検されました。
「不倫相手との交際費の足しにしたいと思った」と話しているということです。

書類送検されたのは、警視庁立川警察署の交通課に所属する59歳の巡査部長と60代の妻です。

警視庁によりますと、巡査部長は去年11月から12月にかけて実際にはパートで働く妻が個人事業主の家政婦であるように装い、新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減ったといううその申請を行って国の「持続化給付金」100万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。

受け取った給付金は夫婦で50万円ずつに分けたうえで、不倫関係にあった女性へのプレゼント代などにあてていたということです。

任意の事情聴取に対しだまし取ったことを認めたうえで「不倫相手から『奥さんがパートをやっているのだから給付金をもらえるのでは』と言われてやった。交際費の足しにしたいと思った」と話しているということです。

警視庁は不倫関係にあった女性と手続きを行った知人についても詐欺の疑いで書類送検するとともに、巡査部長を3日付けで懲戒免職の処分にしました。

警視庁によりますと、警察官が持続化給付金をだまし取ったとして検挙されたのは全国で初めてとみられるということです。

警視庁「都民の信用を失墜させる行為」

警察官が詐欺の疑いで書類送検されたことについて、警視庁は「都民の信用を失墜させる行為であり、誠に遺憾だ。厳正な規律の保持について改めて徹底してまいりたい」とコメントしています。