ABBAが40年ぶりに新曲公開 世界的ポップグループが活動再開

「ダンシング・クイーン」などのヒット曲で知られる世界的ポップグループのABBAが、2日、40年ぶりとなる新曲を公開し、活動を再開させると発表しました。

スウェーデンの男女4人組グループ、ABBAは、1970年代から80年代にかけて「ダンシング・クイーン」や「マンマ・ミーア」「チキチータ」など、数々のヒット曲を生み出し、当時の世界のポップシーンを席けんしました。

1982年に活動休止を発表したあとも、90年代にベストアルバムが発売されたのに合わせて世界で再ブームが起きるなど、長年にわたって人気を保ち、数多くのアーティストにも影響を与えてきました。

ABBAは2日、公式ウェブページで、40年ぶりとなる新曲、「アイ・スティル・ハヴ・フェイス・イン・ユー」のミュージックビデオを公開し、メンバー全員で活動を再開させると、発表しました。

さらにこの曲を含め新曲だけを収録したアルバム「ヴォヤージ」をことし11月に発売し、来年5月には過去と現在の演奏風景を立体映像を駆使して表現するコンサートをイギリスのロンドンで開催することも明らかにしました。

ABBAは「大変お待たせしました。いよいよ新たな旅の始まりです。私たちはこれを“ヴォヤージ~航海”と呼んでいますが、まさに未知の海原へと私たちは船出しようとしているところです。若き日の自分たちの力を借りて、未来へと旅立つ。ことばで説明するのは容易ではないのですが、これは前例のないものです」などとコメントを発表しました。