維新 知事が入院患者受け入れ命令できるよう法改正求める方針

新型コロナウイルス対策をめぐり日本維新の会は、医療機関に対して、都道府県の知事が必要に応じて入院患者の受け入れを命令できるようにする法改正を求めていく方針です。

医療提供体制がひっ迫していることについて、日本維新の会は、一部の医療機関が、正当な理由がないのに入院患者の受け入れを拒んでいることも背景にあるのではないかと指摘しています。

こうした状況を改善するため、日本維新の会は、新型コロナ対策の特別措置法に明記されている都道府県知事の権限を強化する改正を求めていく方針です。

具体的には、今の法律で可能な医療機関への受け入れ要請だけでは事態は変わらないとして、必要に応じて受け入れを命令できるようにして、従わない場合の罰則も検討すべきだとしています。

日本維新の会は、改正の議論を急ぐため、政府・与党に臨時国会の召集を働きかけていくことにしています。