パラリンピック競泳 鈴木孝幸が銀メダル 今大会5種目でメダル

東京パラリンピック、競泳男子50メートル自由形運動機能障害のクラスで、鈴木孝幸選手が銀メダルを獲得しました。これで鈴木選手は今大会出場した5つの種目すべてでメダルを獲得しました。

メダルなかった前回大会の雪辱果たす

34歳の鈴木選手は5大会連続のパラリンピック出場で、今大会ではこれまでに金メダルを含む4つのメダルを獲得しています。

今大会最後の種目となった2日の50メートル自由形の予選では、全体トップのタイムで決勝に進みました。

決勝は「スタートで滑ってしまった」と序盤は出遅れたものの、そこからピッチを上げました。

中盤までは3番手でしたが、そこから力強い泳ぎで追い上げ、最後はタッチの差で2位でフィニッシュし、37秒70のタイムで銀メダルを獲得しました。

これで今大会の鈴木選手は金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル2つという結果で、出場した5つの種目すべてでメダルを獲得し、メダルなしに終わった前回のリオデジャネイロ大会の雪辱を果たしました。
鈴木選手は「金メダルを取りたかったので、正直悔しい気持ちもあるが、全種目でメダルを獲得するという目標を達成できてうれしい」と出場した5つの種目でのメダル獲得に充実した表情を見せていました。

金メダルをねらっていた2日のレースについては、「スタートで滑ってしまい『しまった』と思ったが、諦めずに全力で泳いだ。50メートル自由形ならではの難しさもあったが、泳ぎの伸びもよかったのでいいレースだった」と振り返りました。

また5つの種目に出場し、予選と決勝を合わせると10レースを泳いだ東京パラリンピックについては「考えると疲れてくるので考えないようにしたい」と笑顔で話していました。
金メダルはイスラエルのアミ オメル・ダダオン選手、銅メダルはイタリアのルイジ・ベッジャート選手でした。

“集大成”の大舞台 背中で若いチームを鼓舞

今大会、出場した5種目すべてでメダルを獲得した鈴木選手。日本競泳陣のキャプテンとして自国開催の大舞台に挑んだ34歳は若いチームを背中で鼓舞し続けました。

生まれた時から両足と右手がなく左手の指にも障害がある鈴木選手は、高校3年生でアテネ大会に初出場してから東京大会まで5大会連続でパラリンピックの舞台で戦い続けてきました。

これまでの4大会で金メダルを含む5つのメダルを獲得し、若手から「タカさん」と慕われる34歳は今大会、日本競泳陣のキャプテンを任されました。

ふだんはクールで感情を表に出すことが少なく、「大きい声を出して鼓舞するのは得意ではない」という鈴木選手は大会前、自身の役回りについて独特の言い回しで表現していました。

「僕のイメージは“羊飼い”。目指す場所はみんな一緒だと思うけど、途中で道に迷っている選手がいたら、ナビゲートできるようなキャプテンになれたらいい」

迎えたパラリンピック本番、鈴木選手はみずからがチームの目指すべき場所を示し続けました。

競技初日となった先月25日には「いちばんメダルが難しいと思っていた」という男子50メートル平泳ぎで銅メダルを獲得すると、翌日には男子100メートル自由形で今大会の全競技で日本選手の第1号となる金メダルに輝きました。

その後も150メートル個人メドレーで銅メダル、200メートル自由形で銀メダルと表彰台に上がり続けました。

27人のうち19人が初出場とフレッシュな顔ぶれとなった日本競泳チームは、キャプテンの活躍に引っ張られるように1日までに合わせて9個のメダルを獲得し、前回大会の7つを上回る躍進を見せています。

そして2日、鈴木選手は男子50メートル自由形でも銀メダルを獲得。1大会では自身最多となる5つのメダルを獲得し、背中でチームを鼓舞し続けたベテランはみずから“集大成”と位置づけた戦いを終えました。