台湾 中国軍の台湾上陸作戦 能力向上に警戒 年次報告書

台湾の国防部は31日、中国の軍事力に関する年次報告書を公表し、大規模な台湾上陸作戦の能力はまだ完備していないものの、ヘリコプターで上空から兵力を投入する能力などを向上させているとして警戒を示しました。

台湾の国防部は中国の軍事力に関する報告書を毎年この時期に議会にあたる立法院に提出しています。

ことしの報告書では、中国軍の「電子戦」の能力について「台湾の防空、制海、反撃作戦をまひさせる初歩的な力がある」としていた去年の評価に加えて、現時点ですでに南西諸島から台湾などへ延びる「第1列島線」の西側で通信の遮断などが可能になっていると指摘しました。

また、3隻目の空母の就役によって、2025年以降、外国軍の介入を阻止する能力が日増しに整うことになるとの見通しも示しました。

さらに、大規模な台湾上陸作戦については、上陸用の装備や後方支援態勢の不足などから「能力はまだ完備していない」という去年の評価を維持しつつも、ヘリコプターで上空から兵力を投入する能力などの向上を加速させているとして警戒を示しました。

このほか中国軍による脅威として、うその情報の流布などによって台湾の世論に影響を与えようとする「認知戦」や、台湾の防空識別圏に軍用機が頻繁に進入するといった「グレーゾーン事態」などにも特に言及しました。