自民 石破元幹事長 総裁選「全く白紙」臨時国会でコロナ対策を

9月の自民党総裁選挙への対応について、石破元幹事長は「全くの白紙だ」としたうえで、臨時国会を早期に召集し、新型コロナ対策に必要な法案や予算案を審議すべきだという考えを重ねて示しました。

自民党の石破元幹事長は、国会内で記者団に対し、9月の総裁選挙への対応について「全くの白紙だ」と述べました。

そのうえで「国民がいちばん望んでいることは医療体制の拡充であり、野戦病院のような集中的に診療する体制も望んでいる。必要な法律や予算を議論するのが立法府の国民に対する唯一の責任だ」と述べ、臨時国会を早期に召集し、新型コロナ対策に必要な法案や予算案を審議すべきだという考えを重ねて示しました。

一方、臨時国会が召集されなかった場合の総裁選挙への対応について「その時の状況を見なければわからない」と述べるにとどめました。

さらに、菅総理大臣の政権運営については「誰がやっても極めて難しい時期だ。『世論調査で数字が悪いから代えなければ』みたいなことは慎むべきだ」と指摘しました。