政府の事務方トップ 杉田官房副長官が退院し公務に復帰

政府の事務方トップの杉田官房副長官は、体調不良で先週から入院していましたが、26日に退院し公務に復帰しました。

政府の事務方トップの杉田官房副長官は、体調不良で先週19日から検査などのために入院し、20日の閣議は欠席しました。

政府関係者によりますと、杉田官房副長官は26日午前、退院したということで、昼すぎに総理大臣官邸に入り公務に復帰しました。