電動キックボードを無免許運転で事故 23歳飲食店従業員を送検

手軽な交通手段として利用が広がっている電動キックボードを都内で無免許で運転したうえ、赤信号を無視してタクシーと衝突し乗客にけがをさせたとして、23歳の飲食店従業員が無免許危険運転傷害の疑いで書類送検されました。

書類送検されたのは、東京 新宿区に住む23歳の女性の飲食店従業員です。

警視庁によりますと、ことし6月、新宿区の都道で電動キックボードを無免許で運転したうえ、赤信号を無視して交差点に進入し、タクシーと衝突して乗客の男性にけがをさせたとして無免許危険運転傷害の疑いが持たれています。

この事故で、飲食店従業員も右手の骨を折る大けがをしました。

電動キックボードは原付きバイクなどとみなされ、公道を走る際は運転免許に加え、ナンバープレートやミラーなどが必要ですが、いずれも取り付けられていなかったということです。

飲食店従業員は任意の事情聴取に対して容疑を認め「赤信号なのは分かっていたが、車が来ていないように見えたのでそのまま進入した。電動キックボードは便利な乗り物だと思い、去年9月に購入した」と話しているということです。

電動キックボードは手軽な交通手段として利用が広がっていますが、警視庁によりますと、都内ではことしに入ってから関係する事故が相次ぎ、24日までに合わせて34件に上っているということです。