中国軍無人機など沖縄本島と宮古島間通過 防衛省が目的分析

中国軍の無人機などが25日、沖縄本島と宮古島の間の上空を通過し、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しました。

周辺の海域では24日、イギリスの最新鋭空母を中心とした空母打撃群と自衛隊による共同訓練が行われていて、防衛省が飛行の目的を分析しています。

防衛省によりますと、25日午前から午後にかけて、中国軍の偵察用無人機「BZK005」と有人の情報収集機など2機の合わせて3機が、相次いで沖縄本島と宮古島の間の上空を通過し、太平洋まで飛行したのが確認されました。

無人機は、沖縄の南の海上でUターンして東シナ海に戻り、情報収集機など2機は、しばらく太平洋上空にとどまったあと、東シナ海に戻ったということです。

航空自衛隊の戦闘機が、スクランブル=緊急発進して対応に当たり、いずれも領空侵犯はありませんでした。

中国軍の無人機は、これまで東シナ海では確認されていましたが、沖縄本島と宮古島の間を通過し、太平洋まで飛行したのを確認したと防衛省が発表したのは、これが初めてです。

沖縄の南の海上では24日、イギリスの最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群と陸海空の自衛隊が共同訓練を行っていて、防衛省関係者によりますと、訓練に参加した艦艇は25日もこの海域を航行していたということです。

中国軍が情報収集を行っていた可能性もあるとみられ、防衛省が飛行の目的について分析を進めています。