ローリングストーンズ ドラマー チャーリー・ワッツさん死去

結成から60年近く活動を続け、世界的な人気を誇るイギリスのロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツさんが、24日亡くなりました。80歳でした。

チャーリー・ワッツさんは1941年にロンドンで生まれ、子どもの頃、両親にドラムセットを買ってもらって演奏を始め、ジャズを聴きながらドラムの腕を磨きました。

その後、広告会社で働いたのち、1962年に結成されたザ・ローリング・ストーンズに翌年、加わりました。

ワッツさんは、寡黙でクールなイメージのドラマーとして、ボーカリストのミック・ジャガーさんやギタリストのキース・リチャーズさんらとともに、60年近く活動を続けてきましたが、来月から予定されていたアメリカのツアーには、体調を理由に参加しないことを公表していました。

ザ・ローリング・ストーンズの公式ツイッターは24日、ワッツさんの広報担当者の声明として「彼はロンドンの病院で家族に囲まれながら安らかに亡くなった。チャーリーは、愛された夫、父、祖父であり、またザ・ローリング・ストーンズのメンバーとして、同世代で最も偉大なドラマーの一人でもあった」と投稿しました。

バンドメンバー SNSで哀悼の意

チャーリー・ワッツさんが亡くなったことを受けて、長年活動をともにしてきたバンドのメンバーたちが、SNSに生前の写真などを投稿して哀悼の意を示しています。

ボーカルのミック・ジャガーさんはツイッターに、ドラムの前で満面の笑みを浮かべる生前のワッツさんの写真を投稿しました。

また、ギタリストのキース・リチャーズさんもツイッターに「CLOSED」というプレートが掲げられたドラムの写真を投稿しました。

バンドのホームページも、腕を組み笑顔を浮かべたワッツさんの写真をページの全面に掲載して哀悼の意を示しています。

音楽界からも

音楽界からはワッツさんを追悼するメッセージが寄せられています。

ビートルズの元メンバーで、シンガーソングライターのポール・マッカートニーさんは、ツイッターに投稿した動画の中で「病気だとは知っていたが、これほどのものとは思わなかった。亡くなったと聞いて、とても悲しい。メンバーたちのショックは計り知れないだろう。ずっと君を愛しているよ」と述べ、ワッツさんの死を悼みました。

また、同じくビートルズのメンバーだったリンゴ・スターさんは、ツイッターにワッツさんとの写真を投稿し「ワッツに神のご加護を。寂しくなるよ」とメッセージを添えました。

イギリスの世界的な歌手、エルトン・ジョンさんもツイッターに「とても悲しい日だ。ワッツは最高のドラマーだった。この上なくスタイリッシュですばらしい仲間だ」と投稿し、哀悼の意を示しました。