ブルーインパルス 都内上空を飛行 パラリンピック開幕にあわせ

東京パラリンピックの開会式が24日夜行われるのを前に、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム、「ブルーインパルス」が国立競技場の上空などを飛行し、パラリンピックのシンボルマークに使われている3色のカラースモークで線を引きました。

宮城県にある航空自衛隊松島基地に所属する「ブルーインパルス」の6機は、24日午後1時半すぎ、埼玉県にある航空自衛隊入間基地を離陸しました。

そして午後2時ごろ、都内上空に到着し、パラリンピックのシンボルマークに使われている赤、青、緑の3色の「カラースモーク」で線を引きながら、開会式が行われる国立競技場の上空などを飛行しました。

都内各地では多くの人が足を止め、空を見上げたり、カメラやスマートフォンで写真に収めたりしていました。

飛行を終えたあと、編隊長を務めた平川通3等空佐は、「練習どおりのフライトができ、100点満点だったと思います。パラリンピックに出場する選手たちも長い時間、努力してきたと思うので、力を出し切ってほしいです」と話していました。