タリバン 新政権樹立へ協議本格化か 国外退避望む人で空港混乱

アフガニスタンで権力を掌握した武装勢力タリバンは、ナンバー2のバラダル師が首都カブールに入り、今後新政権の樹立に向けた協議を本格化させるものとみられます。
一方、国外へ逃れたいと望む人々の退避には時間がかかっていて、空港では混乱が続いています。

アフガニスタンで権力を掌握したタリバンの報道官はNHKの取材に対し、20日、ナンバー2のバラダル師が首都カブールに入ったことを明らかにしました。

バラダル師は中東カタールにあるタリバンの政治事務所で交渉に携わってきており、先月にはアフガニスタン情勢をめぐって中国の王毅外相とも会談しています。

バラダル師は今週アフガニスタン南部に帰国していましたが、首都に入ったことで今後は新政権の樹立に向けて有力者らとの協議を本格化させるものとみられます。

一方、タリバンをめぐっては一部で暴力的な報復を行っているという報告が相次いでいるとして、イギリスのラーブ外相が深い懸念を表明しています。

カブールの空港にはタリバンを恐れて国外への退避を望む人々が連日殺到しています。

NATO=北大西洋条約機構の高官は21日、ロイター通信に対し、これまでに外国人やアフガニスタン人およそ1万2000人が出国したものの、退避には時間がかかっていることを認め、空港ではいまも混乱が続いています。

隣国パキスタンには多くの避難民が

アフガニスタンと国境を接する隣国パキスタンには、タリバンによる統治から逃れようと多くの人が陸路で避難しています。

AP通信が今月19日に撮影した映像では、アフガニスタンと国境を接するパキスタン南西部のチャマンに、車の屋根に生活物資などを乗せた人たちが押し寄せる様子が確認できます。

アフガニスタン南部のカンダハル州から来た男性は「渡航に関する書類を持っていなかったのでパキスタンの当局との間でトラブルになったが、最終的には国境を越える許可をもらった」と話していました。

国境では数百台に上ると見られるトラックがパキスタンに入国できず立往生する事態も起きています。

トラック運転手の男性は「この2、3日間で何百台ものトラックが国境で足止めされている。私たちが国境を越えられるよう、タリバンとパキスタン政府の双方に必要な措置をとってほしい」と話していました。