甲子園球場 高校野球日程さらにずれ込めば阪神戦と同日開催に

雨の影響で試合の延期が相次いでいる夏の全国高校野球について高野連=日本高校野球連盟などは大会日程が今月31日以降にずれ込んだ場合、甲子園球場でプロ野球の阪神戦と同日開催にすると発表しました。

甲子園球場で行われている夏の全国高校野球は長引く雨の影響で今月9日以降、試合が延期された日は7日を数え、昭和50年の第57回大会の5日を更新してこれまでで最多となっています。

決勝は今のところ、今月29日に行われる予定ですが、甲子園球場では31日から来月2日までプロ野球の阪神対中日のナイトゲーム3連戦が組まれています。

高野連などは阪神や甲子園球場と協議した結果、夏の全国高校野球が31日以降に延期された場合も阪神戦と同日開催として引き続き甲子園球場で開催することを決めました。

その場合、夏の全国高校野球を日中に、阪神戦を夜に開催する方針だということです。

試合時間などの詳細については夏の全国高校野球が31日以降に行われることになったときに改めて発表するとしています。