パラリンピック関連 委託業者など9人が新型コロナ感染確認

1週間後に開幕する東京パラリンピックに関連して、国内に住む大会の委託業者など新たに9人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

大会組織委員会が17日発表した、来週24日に開幕する東京パラリンピックに関連して新型コロナの検査で陽性反応を示した人は9人でした。

このうち8人は国内在住の大会の委託業者で、残りの1人は海外から日本に入国し、来日後14日間の隔離期間を過ぎている大会関係者です。

一方、すでに閉幕した東京オリンピックに関連した人や、日本から帰国して14日以内の海外の関係者で新たに感染が判明したケースはありませんでした。

これで組織委員会が先月1日から発表している国内と海外を合わせた感染者の累計は、オリンピック関連が540人、パラリンピック関連が40人の合わせて580人となりました。