台風9号 中国地方に接近 上陸へ 広島で非常に激しい雨

台風9号は広島県の南の海上を北東へ進んでいて、このあと中国地方に接近して上陸する見込みです。広島県を中心に発達した雨雲がかかり続け、非常に激しい雨が降っていて、災害の危険度が高まっています。土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒し、建物の高い階に移動するなど安全を確保してください。

気象庁によりますと、台風9号は8日午後8時すぎに鹿児島県枕崎市付近に上陸し、9日午前3時には広島県呉市の南30キロの海上を1時間に50キロの速さで北東へ進んでいます。

中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、暴風域はありませんが、中心から南東側560キロ以内と北西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

9日午前4時ごろには
▽和歌山市の友ヶ島灯台で34.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風の中心付近の中国地方では発達した雨雲がかかり続けているほか、台風から離れた場所でも雨雲が発達していて、西日本の広い範囲に強い雨雲がかかっています。

午前4時までの1時間に
▽広島県が広島市安佐北区に設置した雨量計で50ミリの非常に激しい雨を観測したほか
▽奈良県の上北山村で44.5ミリの激しい雨が降りました。

これまでの雨で広島県と島根県、愛媛県、それに大分県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、広島県と山口県では氾濫の危険性が非常に高い氾濫危険水位を超えている川があります。

雨の予想

今後の見通しです。

台風はこのあと中国地方に接近して上陸し、さらにその後、日本海で温帯低気圧になる見込みです。

9日は台風が接近する西日本で非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、温帯低気圧となった後も低気圧として発達するため、東日本や北日本でも大雨になり影響が長引くおそれがあります。

9日の夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で300ミリ
▽近畿と四国で250ミリ
▽中国地方で200ミリ
▽関東甲信と九州北部で150ミリ
▽北陸で120ミリ
▽北海道と東北で100ミリ
▽九州南部で80ミリと
予想されています。

さらに10日の夜遅くまでの24時間には、多いところで
▽北海道と北陸、東海で100ミリから200ミリ
▽東北で100ミリから150ミリ
▽関東甲信で50ミリから100ミリの
雨が降る見込みです。

風と波の予想

広い範囲で風も強まり9日の最大風速は
▽北陸で25メートル
▽近畿で23メートル
▽九州や四国、中国地方、東北、北海道で20メートル
▽関東甲信や東海で18メートルと予想され
最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見込みです。

海上は広い範囲で大しけやしけとなるほか、今は潮位が高い大潮の時期となっていて海岸付近の低い土地では高潮や高波による浸水のおそれもあります。

気象庁は西日本を中心に土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫に厳重に警戒するとともに暴風や高波、それに高潮に警戒するよう呼びかけています。

広島県などではすでに災害の危険度が高まっているほか、台風の進路に当たる地域ではこれから急に雨や風が強まって状況が悪化するおそれもあります。

すでに安全な場所に避難をしている人は避難を続けるとともに、周囲の状況が悪化し避難場所への移動が危険な場合は、建物の高い階で崖や斜面と反対側の部屋に移動するなど安全を確保してください。