沖縄のサンゴ移植許可撤回に 防衛相 “取り消し求め審査請求”

アメリカ軍普天間基地の移設工事をめぐり、沖縄県がサンゴの移植作業の許可を撤回したことについて、岸防衛大臣は、移植はサンゴの保全に十分配慮して適切に行われているとして、農林水産大臣に撤回の取り消しを求める審査請求と、効力の執行停止を申し立てたことを明らかにしました。

普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、沖縄県は、防衛省が埋め立てを予定している海域でサンゴの移植作業を許可しましたが、その後、移植に当たって県が求めていた条件に従っていないとして、7月30日に移植の許可を撤回しました。

岸防衛大臣は、防衛省で記者団に対し「移植は、専門家の助言を踏まえてサンゴ類の保全に十分に配慮して適切に実施されていて、許可を取り消される理由は無い。また、取消処分が聞き取りを伴わない形でなされていて、違法である」と述べました。

そのうえで、県が許可を撤回したことの取り消しを求めて、農林水産大臣に審査請求を行うとともに、撤回の効力の執行停止を申し立てたことを明らかにしました。

また、記者団が、移植作業の再開の時期について質問したのに対し「現在、審査の手続き中で答えは差し控える。普天間基地の一日も早い全面返還を実現すべく、移設に向けた工事を着実に進めていきたい」と述べました。