東日本を中心に非常に激しい雷雨のおそれ 土砂災害などに警戒

上空の寒気や湿った空気の影響で、東日本を中心に31日も大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、上空の寒気と本州付近に流れ込む湿った空気の影響で、東日本を中心に局地的に雨雲が発達しています。

ここ数日、大気の不安定な状態が続いていて、31日も東日本を中心に局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

特に気温が上がる午後からは積乱雲が発達しやすく、雨雲が長くかかると猛烈な雨が降るおそれもあります。

8月1日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、新潟県で100ミリ、関東甲信と北陸で80ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風や「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。