保育園バスで5歳男児死亡 これまでも園長が1人で運転か

29日、福岡県中間市の保育園の送迎バスの車内で、5歳の園児が倒れているのが見つかり、熱中症で死亡しました。
この保育園では、これまでも園長が1人で送迎バスを運転して子どもたちの登園に対応していたことがあったということで、警察は園児を降ろす際の確認などに問題がなかったか調べることにしています。

29日、福岡県中間市にある「双葉保育園」で、倉掛冬生くん(5)が登園の際に使われた送迎バスの中で倒れているのが見つかり、熱中症で死亡しました。

警察によりますと、40代の女性の園長が1人で送迎バスを運転して子どもたちを登園させていたということで、警察に対し園長は「園児は保育園で降りたと思っていたが確認はしていない。バスには鍵をかけた」と話しているということです。

また、この園長は、これまでも1人で送迎バスを運転して、子どもたちの登園に対応していたことがあったということで、警察は園児をバスから降ろす際の確認などに問題がなかったか詳しく調べることにしています。

今回の問題を受けて、福岡県は県内すべての保育施設に対して通知を出し、送迎バスなどを使って登園や降園をする際には人数や状況の確認を徹底することなどを求めました。