東・北日本 きょうも大気不安定に 土砂災害などに警戒

上空の寒気や湿った空気の影響で、東北から北陸にかけての広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、新潟県や山形県では猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」も発表されました。
東日本や北日本では大気の不安定な状態は30日も続く見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水などに警戒してください。

気象庁によりますと、東日本や東北の上空には強い寒気がとどまり、地上付近には台風8号から変わった低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態が非常に不安定になり、各地で非常に激しい雨が降っています。

29日午後10時までの1時間には、静岡県が富士市に設置した雨量計で68ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、いずれもレーダーによる解析で、新潟県五泉市村松付近では29日午後3時50分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられるほか、山形県の西川町付近と大江町付近では午後5時20分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、それぞれ「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

東日本と北日本では、30日も大気の不安定な状態が続く見込みで、特に東北や関東甲信、北陸では、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

予想以上に雨雲が発達した場合は、局地的に猛烈な雨が降るおそれもあるとしています。

30日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
新潟県で150ミリ、
東北と関東北部で100ミリ、
関東南部と甲信、北陸で80ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水や氾濫に警戒するとともに落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。
一方、北海道や西日本では高気圧に覆われて晴れ、気温が上がりました。

29日の日中の最高気温は、大分県日田市で37.9度、高知県の四万十市西土佐で36.6度、北海道日本海側の小平町達布で36.5度、大阪 枚方市で36.1度と各地で猛暑日となりました。

30日も西日本や北海道を中心に猛烈な暑さが予想されています。

外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなど、熱中症に警戒してください。

局地的大雨 相次ぐ理由は?

28日から、東北や関東、北陸、東海を中心に局地的な大雨が相次いでいます。

気象庁によりますと、この大雨をもたらしている背景にあるのは「上空の強い寒気」と「台風から変わった低気圧」です。

東北や東日本の上空5000メートルから1万メートル付近には、強い寒気が流れ込んでいます。

これは、台風8号の進路にも影響を及ぼした「寒冷渦」で、30日にかけて北に移動しながら寒気は残る見込みです。

また、台風8号は28日に日本海で温帯低気圧に変わりましたが、地上付近ではこの温帯低気圧が引き込むように、北陸・東海から関東甲信・東北の方向に暖かく湿った空気が流れ込み続けています。

このため気象庁は、大気の状態が非常に不安定になり、各地で猛烈な雨や非常に激しい雨が降っているとしています。