世界文化遺産 縄文時代の集落跡「垣ノ島遺跡」一般公開 函館

世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つである北海道函館市の垣ノ島遺跡では、28日から一般公開が始まりました。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、津軽海峡を挟んだ北海道と青森県、秋田県、岩手県に点在している17の縄文時代の遺跡で構成されます。

このうち、北海道函館市の垣ノ島遺跡は、およそ9000年前から6000年間の長期にわたって人々が暮らしていたとされる集落跡で、さまざまな儀式を行ったと考えられる長さ190メートルに及ぶコの字型の盛り土が残されています。

垣ノ島遺跡の一般公開が28日から始まり、世界文化遺産を一目見ようと、朝から大勢の人が集まって公開を待ちました。

そして午前11時前に一般公開が始まると、訪れた人たちは、10人ほどのグループごとにガイドの説明を聞きながら遺跡を見て回りました。

来場した40代の女性は「きのう登録のニュースを見て早速、見に来ようと思いました。今回はガイドの方が説明してくれたので、縄文の文化を詳しく知ることができました」と話していました。