「確定拠出年金」の利回り 初めて「確定給付年金」を上回る

企業が運用する年金のうち従業員自身が運用商品を選ぶ「確定拠出年金」の利回りが昨年度、企業が運用に責任を負う「確定給付年金」を初めて上回りました。株価の値上がり傾向が背景にあるとみられます。

大手格付け会社の格付投資情報センターによりますと、企業が公的年金に上乗せして従業員に支給する年金のうち、企業に勤める従業員が運用する商品を選ぶ「確定拠出年金」の運用利回りは昨年度、平均で13.94%でした。

これに対して、企業が運用する「確定給付年金」の利回りは、平均で12.96%でした。

確定拠出の運用利回りが確定給付を上回るのは2014年度に集計を始めてから初めてだということです。

これは各国の中央銀行による大規模な金融緩和などを受けて株価の値上がり傾向が続いていることなどを背景に、確定拠出年金で運用する個人の間で株式の比率を高める人が増えているためです。

調査を行った会社は「株式の比率が高ければ短期的には運用がマイナスになる場合もあるが、株価が新型コロナウイルスの影響で大きく下落したあと、値上がりが続いたこともあり、よりリスクをとって運用益を大きくしたいという人が増えている傾向がある」と分析しています。